子供服はリサイクルショップへ

ブランド服をリサイクルショップで売って家計の足しにしている家庭も多いと聞きますが、購入する側として利用するのも家計圧縮につながります。 例えば、子供がいる家庭は、毎年、季節が変わるたびに新しい洋服や部屋着、パジャマを買い足すと思いますが、その都度新品だとかなりの金額になってしまいます。 例えばブランド服を売ったとしても、部屋着の新品を購入する程の足しになるかというと、微妙なラインだと思います。 我が家も基本的に部屋着やパジャマ以外はブランド服です。 売る側としても利用しますが、売ったお金で部屋着やパジャマになりそうなTシャツなどを買って帰るようにしています。 私もそうですが、買ったものの着なかったために手放すというケースもあるので、タイミングさえ合えば、新品タグ付きの洋服に出会える可能性も高く、私はそのような物を300円程で購入するようにしています。 特に冬の部屋着は、新品だと上下で1,000円前後もしますが、この方法だと数百円で済みますし、洋服を売ったお金でトントンくらいになります。 よって、我が家はブランド服は枚数や頻度を含めても結構購入していますが、実質部屋着やパジャマがリサイクル品で安いので、すべての衣料費は思っているほどかかっていません。